ワイルドカードやデータベース関数を勉強した

奥の手などについて稽古しました。内容内にある文列数字をロックにして検索や抽出をやる実例、「?」などを使うことにより掘りおこす文の共通部分を代用することができます。そういった文列を決め手といいます。なお、奥の手は半角で入力します。奥の手を使ってあやふやコンディションを指定するため、大量のデータから必要な数字の候補とのぼる少量の数字に絞り秘めたり、文列について共通のコンディションを備えた数字を一度に取り出したりすることができます。指定した条件に合致した世間の数字だけを計したり、ナンバーを数えるなどの関数を情報関数といいます。指定した条件の数字の価格を捜し求めるにはDSUM関数、数値数字のナンバーを待ち焦がれるにはDCOUNT関数、ヌルストリング以外の数字のナンバーを待ち焦がれるにはDCOUNTA関数、程度を漁るにはDAVERAGE関数、リミットを捜し求めるにはDMAX関数、最少を捜し求めるにはDMIN関数を使います。知らないこともあったので復習望むなと思いました。

ワイルドカードやデータベース関数を勉強した