高齢者ドライバーの事故防止のため、自動ライトが義務化

2020年4月以降に発売される乗用車に自動ライトの装備が義務化されることが明らかになりました。この自動ライトは1000ルクス未満になると自動で点灯し、自分で消すことはできないそうです。自動ライト義務化には高齢者ドライバーが日没直後に事故を起こす例が非常に増えてきたことが背景にあるようです。そもそも自動車のライトはドライバーの視界確保だけではなく、歩行者や自転車に車の存在を知らせるという狙いもあります。しかし、高齢者ドライバーはライトを付けることを面倒くさがる傾向があります。一方で、最近は高齢者ドライバーの事故が相次いでいますし、これからはますます高齢化が進むと予想されており、高齢者ドライバーの事故はますます増えていくことが予想されます。今回の自動ライトの義務化は、高齢者ドライバーによる事故を防ぐメリットを考えれば喜ぶべきものでしょう。さらにこの勢いで、ある年齢以上の高齢者の免許返納運動も進むといいなと思います。

高齢者ドライバーの事故防止のため、自動ライトが義務化